保険診療

整形外科

整形外科

整形外科では、脊椎や上肢下肢の骨・関節・筋肉・靭帯・末梢神経などの運動器のあらゆる病気や外傷によるけが、障害などの治療を行っています。
首・肩・背中・腰などの痛みやこり。手足の痛みやしびれなど。肩や肘、膝その他各関節の痛み、腫れ、違和感。
スポーツや労災、交通事故などの外傷による骨折、脱臼、捻挫、打撲、筋や腱の損傷、切り傷、擦り傷。外傷後の障害や麻痺など。
特に「痛みが取れない」「しびれが取れない」といった交通事故の外傷においても、安静にして痛みを取る治療をするのではなく「早めに動かしていく」ことで、早期回復につなげています。

DEXA法(骨粗鬆症外来)

骨粗鬆症外来では、DEXA法による腰椎(または大腿骨での測定)の骨密度測定を行い、必要に応じて投薬治療などを行います。
DEXA法は、新しい検査で大学病院などにも使用されている極めて精度の高い検査です。検査結果に基づき、適切な治療へとつなげています。

骨密度が低下すると脊椎では圧迫骨折(いつのまにか骨折や、尻もちをつくなど縦方向の衝撃によっておきる骨折)をおこし、背中が丸くなってしまいます。また、大腿骨頸部(脚の付け根・股関節部分)を骨折すると手術が必要になり、高齢者が寝たきりになる原因となります。
骨折を1ヶ所のみで止める「ストップワン」。当院では、骨折連鎖を防ぐことを治療の目的としております。

陥入爪手術(マチワイヤ)

当院では、巻き爪の治療も行っております。治療は2種類に分けられ、爪の状態などに応じて治療法を選択します。
1つ目は、爪の状態などに応じて、陥入部の爪を切除する方法です。爪が生えてくる爪床部を高周波メスで焼き、巻き込んだ爪が生えてこないようにします。
2つ目は、爪の先端部分に「マチワイヤ」と呼ばれる形状記憶の金属を装着する方法です。皮膚や爪を切らずに、ワイヤが元に戻ろうとする力を利用して爪を平らに矯正します。

神経ブロック注射

神経ブロック注射

神経ブロック注射とは、その名の通り、痛みが起こっている患部周辺の神経に注射をして痛みを和らげる方法です。
投薬や他の治療で痛みが取れない方に使用します。適切に注射を打つことで痛みを落ち着かせることが可能です。
診断やブロック注射などを打つ際には、超音波エコーを用いています。エコーを見ながら患部に注射などを投与することで、より確実な治療を可能にしています。

筋膜リリース注射

肩こりや腰痛といった痛みの原因が筋膜の癒着や、萎縮にあることが近年わかってきました。「筋膜リリース注射」によって、筋膜の間へ人体に無害の生理食塩水を注入することで、凝り固まった筋膜や筋肉を柔軟にしていきます。
当院では保険診療にて行っております。

リハビリテーション科

DSC00105
リハビリテーション外来では、神経や筋・骨格系の異常に基づく運動機能障害を対象として、 失われた機能の回復を促すと共に、残存している機能を最大限に引き出すための治療を行います。 また頸部痛や腰痛、関節疾患に対しては、患者様の症状に合わせてマッケンジー法を中心とした理学療法 (運動療法、物理療法)を実施するほか、必要に応じてマッサージやストレッチ等も行います。 マッケンジー法とは、「いつでも」「どこでも」ご自身で行えるエクササイズで、「自らで治す」という考え方に基づいた治療法です。 正しく行うことで再発予防もできるため、治療に積極的な方は効果が出やすく、自己治癒力を高めるためには優れた治療法だといえるでしょう。

痛みでお困りの方は
当院をご利用ください

渋谷区代々木で整形外科をお探しでしたら、
南新宿整形外科リハビリテーションクリニックへ。

  • 03-5302-0790
  • 24時間受付WEB予約
pagetop